■ ミカミのあゆみ
  図表   ミカミの出来事   社会の動き  
c-マウントアダプタ1950(昭和25)
ミラックス、フォーカベルマウンター
店頭に訪れたレスラー
(デストロイヤー)
英文東京名所地図
顕微鏡映画微速度撮影装置 1960(昭和35)
マコスコープ
1960(昭和35)
ヘリコイド式中間リング1960(昭和35)
シャドウマスク透過率
測定機1960〜1973
(昭和35〜48)
テレビカメラ用
十字入り光学系
NHK向けイメージカード
プリンタ
電動旋回台PTH-V型
判定カメラ用ビューア
プリズムレンズ
手動ズームレンズ押引
操作棒を電動化
カメラハウジング
CH-3500型
電動旋回台PTH-10型
深海カメラ試作
PTH-5型
近赤外線スポット照明器
カメラハウジング
CH-1700型シリーズ
赤外線カメラ用
ハウジング
ドーム型カメラ
ハウジング
屋内用一体型旋回カメラPTC-103型
高速旋回カメラ
PTC-107型シリーズ
PTH-9PACS
PTC-203ST
PTC-203HG
PTC-103HU
PTH-330
WA-505
スカイツリー向け
旋回台とハウジング
     
      8月15日第2次世界大戦終戦、闇市の全盛   昭和20年
1945
     
      婦人参政権初選挙
食糧メーデー
キャサリン台風
  昭和21年
1946
     
  10月1日中央区銀座3丁目に松島眼鏡店写真部として
三神 誠が創業
  日本国憲法発布
労働基準法発布
  昭和22年
1947
     
  ミニカム発光器積極販売   極東交際軍事裁判最終判決   昭和23年
1948
     
  ライツ製品取り扱い開始
カメラ販売カウンター2本に拡張
  湯川秀樹博士物理学ノーベル賞受賞
単一為替レート決定($1=¥360)
  昭和24年
1949
     
  ミラックス、フォーカベル、レンズマウンター販売   朝鮮動乱勃発、特需拡大
京都駅全焼
  昭和25年
1950
     
  日中フィルム交換暗袋、口紅ケース型レンズブラシ製造販売   サンフランシスコ平和条約調印
民間航空復活
血のメーデー事件
  昭和26年
1951
     
  強力レンズダストブローア改良型考案販売
シリーズフィルタアダプタ製造販売
外国人旅行者向け、国産カメラ英文総合カタログ作成
  三白景気
英女王エリザベス2世即位
 

昭和27年
1952

     
  松島写真用品株式会社設立
(資本金100万円)

  NHK-TV放送開始
朝鮮動乱休戦
NTV放送開始
デフレ深刻化
  昭和28年
1953
     
  外国人旅行者免税販売店資格第一号取得   春以来デフレ進行、株価下落
自衛隊法成立
  昭和29年
1954
     
  5月麹町営業所開設(竹工堂ビル内)
ミランダカメラ総発売元となる
  原子力基本法
佐久間ダム完成
  昭和30年
1955
     
  東京大丸デパートにて、ミランダカメラ展示会開催
外国人向け英文東京名所地図作成
特殊光学機器設計製作
  神武景気
英女王エリザベス2世即位
  昭和31年
1956
     
  キヤノン放送用レンズの取扱いを始める   南極観測開始
なべ底景気到来
ソ連人工衛星スプートニク完成。
  昭和32年
1957
     
  クリーンボックス(カメラ保管ケース)製造販売
異種交換レンズアダプター各種製作販売
二現象撮影装置受注(大物製作第一号)
  関門国道トンネル開通
東京タワー完成。大阪国際見本市開催
一万円発行
 

昭和33年
1958

 

     
  マコピースタンド(携帯用複写機)製造販売
マコスコープ (8mmシネカメラ用一眼ファインダー)製造販売
  皇太子殿下御成婚
岩戸景気
メートル法実施
 

昭和34年
1959

     
  顧客向けサービス用ギャッジットバッグを販売促進用に製作
シャドウマスク透過率測定機第一号開発
  レジャーブーム、消費ブーム起こる
NHKカラーTV本放送開始
日米新安保条約調印
岩戸景気
  昭和35年
1960
     
  シャドウマスク透過率測定機改良型開発   株大暴落、金詰まり深刻化
ソ連人工衛星打ち上げ
  昭和36年
1961
     
  電子粉体写真記録装置開発   貿易自由化88%
金融引き締め解除、景気回復化へ
アメリカ人間衛星船第一号
  昭和37年
1962
     
  テレビカメラ用十字線入り光学系開発   ケネディ大統領暗殺
低金利政策始まる
  昭和38年
1963
     
  株式会社ミカミと社名変更
スピードマグニ開発
  東海道新幹線開通
東京オリンピック開催
羽田・浜松町間モノレール開通
  昭和39年
1964
     
  電動旋回台PTH-2型開発
円筒物体展開撮影装置開発
  日韓条約成立
不況慢性化
朝永振一郎ノーベル賞受賞
  昭和40年
1965
     
  炉内光学系開発   第一回赤字国債発。
中国文化大革命起こる
 

昭和41年
1966

     
  NHK向けイメージカードプリンター開発
(米)EPOI社へスピードマグニの輸出開始
  鉄鋼業界景気回復始まる
小売り物価連騰
  昭和42年
1967
     
  水平電動旋回台PH101型開発
オプチカルパターンテスター開発
  小笠原返還協定調印
川端康成ノーベル賞受賞
  昭和43年
1968
     
  弱視者用拡大読書器研究開始
ミカミ本社ビル竣工
眼鏡式反射鏡(POR)開発
  アポロ11号月面着陸
いざなぎ景気
東名高速道路開通
  昭和44年
1969
     
  電動旋回台PTH-V型開発
朝日新聞社コマンダ号用遠隔撮影装置開発
  日本万国博覧会
核拡散防止条約調印
国産人工衛星打ち上げ成功
  昭和45年
1970
     

電動旋回台PTH-V型お天気カメラ用として初めてTBSに採用される

競艇場向け楕円軌道旋回台開発着手

  景気の沈静化始まる
米国ドルショック、1ドル=360円
ドル為替表示 整数化対応済み
沖縄返還協定調印
昭和46年
1971
     
  東京都より、拡大読書器開発研究を委託される
屋外用電動旋回台PTH-7発売
  日中国交回復
山陽新幹線岡山まで開通
  昭和47年
1972
     
  東京都立中央図書館へ拡大読書器納入
室内ゴルフシステム(GOT)共同開発
競艇用判定カメラ用ビデオテレビビューアー開発
  中東戦争により石油危機、貿易自由化100%
江崎玲於奈ノーベル賞受賞
狂乱物価
  昭和48年
1973
     
  レンズチューブ光学系開発
ミラー式旋回台OS-1型開発
  不況深刻化
佐藤栄作ノーベル賞受賞
  昭和49年
1974
     
  プリズムレンズ開発
カメラハウジングCH-3500型開発
  沖縄海洋博覧会
新幹線岡山・博多間開通
英女王エリザベス2世来日
企業倒産戦後最悪
  昭和50年
1975
     
  プリセット型旋回台PTH-V-PSR型
お天気カメラ用旋回台PTH-9型及び専用カメラハウジング
 CH-5000型開発
  景気回復
ロッキード疑獄事件
  昭和51年
1976
     
  松島眼鏡店写真部閉鎖   円高不況深刻化$1=¥250
戦後最大不況到来
  昭和52年
1977
     
  競技監視用高速旋回台PTH-20型開発   東京成田国際空港営業開始
円高$1=¥180
 

昭和53年
1978

     
テレビ用顕微鏡アダプター開発開始   東京サミット
国際金相場急騰
  昭和54年
1979
     
  画像入力装置、カラーテレシネ装置開発   冷夏、水稲不作
婦人差別撤廃条約調印
  昭和55年
1980
     
  町田分室開設(4月)、成瀬分室開設(9月)
横浜港湾局PTH-9型採用
アイジャックシステム開発
遠近オプチスコープ開発
  神戸ポートピア81
行政改革推進本部発足
  昭和56年
1981
     
  ミカミ創立35周年   東北新幹線・上越新幹線開通
IBM産業スパイ事件
  昭和57年
1982
     
  電動旋回台PTH-10型開発
深海カメラ試作開始
  大韓航空機墜落事故
レーガン大統領来日
  昭和58年
1983
     
  つくば科学万博向け特殊旋回台及びカメラハウジング製作   日本世界一長寿国
インド首相ガンジー暗殺
  昭和59年
1984
     
  テレビスタジオ用高速旋回台PTH-11型開発   筑波科学万博開幕
東京サミット
 

昭和60年
1985

     
  ミカミ技術研究所竣工   チェルノブイリ原発事故
円高加速$1=¥152.8
伊豆大島噴火
  昭和61年
1986
     
  電動旋回台PTH-12型開発
弱視者用拡大読書器TOP-01型開発
  NHK衛星放送開始
新生JRスタート
円高加速$1=138
  昭和62年
1987
     
  ミカミ大阪営業所開設
PTH-5型(PTH-V後継機)開発
  青函トンネル開通
瀬戸大橋開通
東京ドーム開業
  昭和63年
1988
     
  電動旋回台PTH-17型(PTH-7型後継機)開発   1月17日昭和天皇御崩御、平成と改元
消費税3%スタート
  平成1年
1989
     
  カメラハウジングCH-1700型シリーズ開発
女子大阪マラソンにて、関西テレビ中継用オートバイ
 搭載旋回台開発協力
  株価暴落、バブル現象露呈
ドイツ統一なる
  平成2年
1990
     
  前年に続き、大阪女子マラソンにて、関西テレビ中継機材開発協力   湾岸戦争
大手証券会社巨額損失補償問題
  平成3年
1991
     
  ミカミ創立45周年
プリズムレン広角型開発
  バブル経済崩壊
アルベールビル冬季オリンピック
山形新幹線開通
$1=¥118
 

平成4年
1992

     
  テレビ用顕微鏡ズーム光学系開発   皇太子御成婚
北海道西南沖地震
$1=¥100.4
  平成5年
1993
     
  屋内用一体型旋回台開発PTC-103A開発   関西国際空港開港
景気回復宣言
円相場$1=¥96
  平成6年
1994
     
 

 

  1月17日阪神大震災
円相場$1=¥80
地下鉄サリン事件
  平成7年
1995
     
      ペルー日本大使館人質事件
円安進行$1=¥116
  平成8年
1996
     
  ミカミ創立50周年
テクノプラザ開設
成瀬分室閉鎖、技研へ合併
  消費税5%
香港復帰
秋田新幹線・長野新幹線開通
  平成9年
1997
     
  近赤外照明器 LMP-1010R開発   長野冬季オリンピック
サッカーワールドカップフランス大会
  平成10年
1998
     
  屋外用中型高速プリセット旋回カメラ
  PTC-107HU開発
      平成11年
1999
     
  超高倍率,高性能カメラシステム
  PTH-9PACS開発
  シドニーオリンピック   平成12年
2000
     
  本社・技術研究所を統合し 荏田新社屋に移転       平成13年
2001
     
  ISO9001取得
屋外用電動旋回台 PTH-77開発
屋外用防爆一体型旋回カメラ PTC-EP-RC100開発
  ソルトレーク冬季オリンピック
サッカーワールドカップ日韓共催
  平成14年
2002
     
 

ドーム型プリセット旋回カメラ
 PTC-203ST /PTC-203HG開発
屋外用一体型旋回カメラシステム PTC-103HU開発
屋外一体型高速エンドレス旋回システム PTH-330HU開発

ISO14001取得

  東北地震
十勝沖地震
  平成15年
2003
     
  屋外用カメラハウジング・CH-770販売開始
映像機器営業部 麹町事務所開設
  アテネオリンピック
新潟中越地震
スマトラ沖地震
  平成16年
2004
     
  近赤外LED照明器 IR-LD127開発
制御線無しで使用できる、後付け形ウォッシャー
 WAS-505開発
      平成17年
2005
     
  屋外用中型高速プリセット旋回カメラシリーズ
 PTC-107HLUⅡ開発
開発型企業として東京都より「経営革新支援法」に基づく
 承認を受ける。
  トリノ冬季オリンピック
サッカーワールドカップドイツ大会
  平成18年
2006
     
  ミカミ 創立60周年
高速ドーム型プリセット旋回カメラ
 PTC-301HG 開発(屋内用)
 CH-PTC301HG 開発(屋外用)
      平成19年
2007
     
  ㈱タナカマシンをグループ化
屋外用小型一体型旋回カメラ PTC-113 開発
  北京オリンピック   平成20年
2008
     
  屋外型ネットワーク旋回カメラ PTC-113IP開発
屋外用ネットワーク型スピードドームカメラ
  CH-PTC301HG-IP 開発
屋内用ネットワーク型スピードドームカメラ
  PTC-301HG-IP 開発
  民主党政権誕生鳩山内閣   平成21年
2009
     
  白色LED照明器 WR-LD125WJ 開発
メガピクセルカメラ搭載ネットワーク型
 PTC-108-MP 開発
  東北新幹線全線開通
根岸英一氏・鈴木章氏ノーベル化学賞受賞
バンクーバー冬季オリンピック
上海万国博覧会
  平成22年
2010
     
  HDカメラ搭載ネットワーク型 PTC-113HD‐IP開発
PTC-118開発

北京中潤富華商貿有限公司と代理店契約
(中華人民共和国)
  九州新幹線全線開通
東日本大震災
円高加速$1=¥76
  平成23年
2011
     
  ミカミ創立65周年記念式典開催

東京スカイツリー向けに耐風速110m/s対応旋回台
               ハウジング納入
屋外用中型高速プリセット旋回カメラPTC-118販売開始

グループ会社 株式会社タナカマシンは
   株式会社オーウィンズに社名変更

営業本部が麹町に移転
  ロンドンオリンピック

自民党政権復活
  平成24年
2012
     
  東京スカイツリー地上375m地点の旋回台運用開始       平成25年
2013